種類がいっぱいの歯間ブラシ!どれを選べばいいの?

種類がいっぱいの歯間ブラシ!どれを選べばいいの?

歯ブラシだけでは歯垢は残っています

念入りに歯ブラシで歯を磨いても、歯と歯の間の歯垢は約60%しか落ちていないと言われています。実際、歯ブラシあとで歯間ブラシを使うと食べ物のカスが取れることがよくあります。歯ブラシの毛先は歯と歯の間にまで入っていけないということですね。虫歯の予防と歯茎の健康のためには、歯ブラシによるブラッシングだけでなく、歯間ブラシを使うとよいでしょう。初めて使い始めるときは、歯茎から血が出たり、痛く感じることがあります。それは、今までその部分のブラッシングが足りていなかったということです。数日使い続けると慣れてきて痛みも出血も収まりますが、もし出血が止まらないようでしたら、一度歯医者を受診するとよいでしょう。

どんな歯間ブラシがあるの?

歯間ブラシにはいろいろな種類があります。形としては、I型、L型の2種類があります。I型は先を折り曲げることによって、L型と同様に使うことができますよ。また、サイズはメーカーにもよりますが、4Sから2Lまであります。歯と歯の間の隙間の大きさに合わせてサイズを選んでくださいね。狭いところに大きなサイズの歯間ブラシを使ってしまうと歯や歯茎を傷つけたり、歯を削ってしまうことがあります。また、歯の隙間を広げてしまうこともあるので注意が必要です。歯間ブラシを無理なく動かせる程度のサイズを選びましょう。また、狭すぎて入らない場合は、フロスを使ってくださいね。

歯茎が弱い人にはハンドルが長いタイプがオススメ

歯間ブラシを使い始めのときや歯茎が弱い方は、ハンドル部分が長い歯間ブラシを使うといいですよ。余計な力が入りにくいので、歯間ブラシをやさしく使うことができ、痛くありません。また、爪楊枝のように超極細の歯間ブラシや材質がゴムでできているものも販売されています。治療している歯の周辺など、繊細な部分に使うにはいいですよ。また、ゴムでできているものは歯茎のマッサージ効果があります。箱入りタイプやケース付きのものもありますので、旅行先や会社などでも使いやすいですね。

根管治療は歯の神経を徹底的に除去するので歯の寿命に大きく影響します。器具にもこだわっているので綺麗に掃除をすることができます。